オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    旅行

    問題点

    しかし、ワーキングホリデーで海...

    Readmore
    洋書

    ポイント

    ワーキングホリデーとは、ビザの...

    Readmore
    飛行機

    ワーキングホリデーの現在

    ワーキングホリデーは、語学の学...

    Readmore

英語力を得る方法

カフェ

今や子供から大人に至るまで、多くの人が英会話を学んでいます。
現代の日本人にとって英語を話すことは、国際社会で生き残るために必要不可欠なスキルとも言われています。
しかし、多くの日本人にとって英語を話すことは、とてもハードルの高いことだとも言えます。
なぜなら、英語と日本語は非常にかけ離れた言語だからです。
ですが、今や世界経済は密接に結びつき、企業に就職してみると、上司が外国人であることも珍しくはないのです。
それ故、英語を習得する必要が、現代日本人にはあるのです。
それではまず、英語学習を始めるにあたって問題になるのが、どうやって、そして、どこで学ぶかです。
今や日本でも沢山の英会話スクールがあります。
英語学習のみが目的ならばそれも良いのですが、英語を話すということは、英語圏の人々の文化やライフスタイルをも理解することが、鍵になってくるのです。

留学について

外国の文化やライフスタイルを理解するには、そこに住んでみることが一番です。
外国の人々が何を食べ、どんなことに興味を持ち、どんな生活をしているのか肌で感じることこそ、真の国際感覚を獲得する上で重要な要素なのです。
実際、海外に行ったことのない、暮らしたことのない人にとって、日本を飛び出し留学することは大変勇気のいることです。
しかし、そんな人に良い制度があります。
それが、ワーキングホリデー制度です。
ワーキングホリデーは年齢約20歳以下から30歳までの若者にのみ発行されるビザで、ワーキングホリデーを利用し外国へ行った若者に、学習、就労などの自由を許可するとした制度です。
ですが、注意点もあります。
どこの国でも行けるわけではありません。
現在のところ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、フランス、韓国、ドイツ、アイルランド、デンマーク、台湾、香港などのみとなっています。
英会話を習得するためだけの留学では味わえない体験を、ワーキングホリデーを使って経験してみるべきです。